定例研究会発表テーマおよび発表者

2011年

大阪例会

12月17日「イノベーション戦略論」                久野敦司

11月26日「モノづくり技術・技能「技(ワザ)」の伝承

                               ~等価変換理論の活用の試み~                  妹尾義治

10月22日「ノートレダム-脳をきたえるマルチ観点-」                今井滋郎

9月24日 「新技術発想法」                      牧野勝啓

8月27日 「電子出版について」                    藤原広光

7月23日 「cε辞典への試み」                       古川俊治

6月25日 「ポータブル-自立と紐つき」                    今井滋郎

5月28日 「耐震構造 法隆寺五重塔と東京スカイツリーの等価関係」     小阪 明

4月23日 「市民主役のまちづくり」

                     ~まちづくりの事例成功の方程式~                      杉原五郎

3月26日 「発明の本質抽出能力の鍛錬と試験の方法」                    久野敦司

2月26日 「問題の提起・練習用シート」                  松木 暉

1月22日 「希土類元素の活用」                      山本和弘

 

東京例会

12月10日「「知恵」と等価変換展開」                 北浦敏行

11月12日「ET論を進化させるDB構築の提案」

     (I-TORIZの類似点と相違点を中心に)           長谷川公彦

10月8日「オフィスグリコの等価変換のリバースの試み 他」        永瀬徳美

8月6日 「右脳の働きを考える 等価変換理論とアートセラピー」     野澤式部                         

7月9日 「生物界に学ぶマネジメント」                 中村良樹

6月11日 「こころの仕組みを動物園で考える」                                     森 裕行

5月14日 「プロアシスト社の創業から現在・将来展望」              生駒京子

4月9日  「動く」事例について そのcε機能を分析する                 上坂 且

2月12日 「脳トレ・エクササイズ」                   鈴木俊介

1月8日  「コンクリート物語」                    小阪 明